会長の挨拶

八日市商工会議所青年部  

令和三年度 会長

野神 大吾

令和三年度スローガン

Create the future ~ワクワクを創造しよう~

会長所信

 令和2年度においては、新型コロナウィルスの蔓延により、世界的なパンデミックが生じ、世界規模で社会的、経済的、そして政治的危機を引き起こしながら、依然として私たちの生活に甚大な影響を与えている。

 「今まで当たり前だった日常が失われ、混沌とした空気が蔓延し、誰もが不安になる時代」

 「今までの価値観が変容し、新しい時代を迎えざるを得ない時代」

 多くの人々の日常は一変し、パーソナルな価値観までもが変容する事態となっています。これら価値観の変容により、我々は今、社会的転換点に立たされており、令和3年度においては、新しい時代の幕開けとなる年と言っても過言ではありません。

 新型コロナウイルスを起因とするパンデミックは、八日市YEGにもまた、大きな影響を与え、日々のYEG活動、生命の安全と経済発展など困難な問題を我々に突きつけている。

 リアルな活動が制限される中において、デジタル活用が様々な場面で必要とされています。しかし、今までの仕組みを単にデジタルに置き換えるのではなく、あらゆる事に対して、従来と同様に進めることができないからこそ、今一度、活動の本質を追求し、共に考え、チャレンジし、新たな価値を創出することが重要であると考えます。

 皆さんYEGの目的を考えたことがあるでしょうか。綱領・指針のなかでも特に、私は「地域の経済的発展の支えとなり 新しい文化的創造をもって 豊かで住みよい郷土づくりに貢献する」ではないかと考えます。我々は地域を支える青年経済人です。各々の事業所の発展が地域の活性化に繋がり、ひいては地域の発展や価値向上へと繋がっていきます。

 我々は次代の地域経済を担っていかなければいけません。その為にも、私たちは、この社会的転換期をチャンスと捉え、情報や知識、刺激、発見を受けられる、会員の資質向上に繋がる活動。また東近江をよく知り、今まで以上に誇りを持つことの出来る、地域の発展に貢献できる活動を行うべきだと考えます。未来の希望溢れる地域社会を創造するために、歩みを止めることなく活動を行い、より地域から必要とされる八日市YEGとなることを目指します。

 こんな時だからこそ、我々が柔軟に対応しながら、仲間と共に力を合わせてワクワクする活動をしていきましょう。自ら前進しなければ、受動的な姿勢のままで獲られるものは何もありません。常に意識は能動的な、YEG活動を目指しましょう。積極的なご参加を宜しくお願い申し上げます。

基本方針

1. 他に誇れる東近江の良さを再確認できるような地域事業
2. 天災、社会の変革等に対応できるビジネス活動を向上させる為の事業

3. 東近江を再発見でき、会員相互がより理解し合え、楽しめる事業   

4. YEGに興味を持ってもらえる広報活動          

5. 『East Rainbow☆』事業を通して、

   中心市街地のにぎわい創出と活性化のための新たな活動

6. 東近江市の食にこだわったバル事業の開催

7. 近畿ブロック大会にむけて4年後会員数100名を目標とする

   会員増強活動とタイムスケジュールの考査

8. 社会情勢に対応しながら、ニューノーマルな様々な協力体制を築くための活動

9. 単会事業参加率50%を設定し、ワクワクが止まらない八日市YEG活動

八日市商工会議所青年部

〒527-0021

滋賀県東近江市八日市東浜町1-5

電話 0748-22-0186

FAX 0748-22-0188