会長の挨拶

八日市商工会議所青年部  

令和元年度 会長

町田 一平

令和元年度スローガン

『開闢』~kai byaku~

会長所信

 来たる5月1日に改元がなされ、令和の時代が幕を開けます。来年には東京でオリンピックが開催され、その5年後には大阪で万国博覧会が開催されます。その時、どのような盛り上がりを見せるだろうかと想像するだけで、抑えがたい胸の高鳴りを感じます。しかし一方で、我が国は少子高齢化、相次ぐ災害、安全保障など様々な課題を抱え、国際経済の自由化やAIの普及などが経済や雇用にどのような影響を与えるのか不透明な中、日本の将来の見通しは、混迷の様相を呈しているとも言えるのではないでしょうか。

そういった中で我々は、東近江市の地域経済を活性化し、この街を日本の中で輝かしい存在感を放つ街に育てていくことを使命としています。そのために我々に何ができるか。第一に、各々の事業所が健全な成長を続け、地域経済を牽引する実力を身に着けることです。会員事業所の発展あってこそ、地域経済の発展があります。そのことを常に念頭に置いて事業を行っていきます。

固定観念を取り払い、YEGでしか出来ないような新しい刺激を得られる事業を行い、それを我々の資質の向上につなげて行きましょう。YEGの活動によって新しいことを発見し、深い友情を培い、思いがけない出会いを創出し、そこで得たものを日常の経済活動に活かして行きましょう。

日本神話では太古、世界は天も地もなく、清も濁もない混沌とした様子であったが、その中から天地が分かれ、神々が現れ、我が国の形を作って行ったと言われています。(日本書紀「天地開闢」)先の見えない、混沌としたものの中からこそ、新しいものは生まれます。事業をきれいにまとめる必要はありません。失敗を恐れず、もがきながら、チャレンジして行こうではありませんか!

また、今年度で30周年を迎える八日市商工会議所青年部は、まさに平成の時代と歩みを共にして来たと言えるでしょう。今年度は、この30年の歩みの節目となる年です。先輩方から脈々と受け継がれてきた八日市YEGの歴史を振り返り、未来へとつなげる記念事業を盛大に執り行いましょう。    

基本方針

1.ビジネス力を向上し、新しい発見をもたらす研修事業の実施

2.会員が積極的に参加したくなるような環境づくり、親睦事業の実施

3.地域に発信し、外部から新たな刺激を得る交流事業の実施   

4.YEG活動のPR、会員増強活動の強化          

5. East Rainbow☆』事業によって八日市をもっと人が集まる街にする

6.八日市YEG30年の歴史を振り返る記念事業の開催

八日市商工会議所青年部

〒527-0021

滋賀県東近江市八日市東浜町1-5

電話 0748-22-0186

FAX 0748-22-0188